スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月 13, 2011の投稿を表示しています

一週間が経ち。

被災地の厳しい状況は変わっていない。
物資の問題もさることながら原発問題は更に厳しい状況のようだ。
未曾有の災害は、誰のせいでもない。専門家が寝る間も惜しんで24時間体制で対応しているのだろう。今は原発の是非を説いている場合ではない。終息することを願っている。
枝野(官房長官)氏も相当疲れが溜まっているようだ。地震発生直後からゆっくりと解りやすい報告に私は感心しています。被災地の人々も原発問題に対峙している方々も自衛隊の皆さんも警察・消防の皆さんも・・体力の限界に近づいているであろう。
被災地から離れた場所にいる自分に直接的に出来ることは何もないが、間接的に協力できることは惜しまない。笑顔が戻る日が来ることを・・・祈りたい。

あまりにも酷い

先週金曜日の東日本大地震から5日。地震直後からの各局の映像に胸が痛む。
被災地での食糧不足と寒さが、連日報道され、何か方法はないのだろうか・・。
原発の問題は益々深刻化し、関係者の苦悩と焦りが伝わってくる。
この地方でも今日は北風強く非常に寒い一日となった。
被災地では雪が降り、その寒さは想像を絶するものであろう。
一刻でも早く物資が届くように願う。