スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月 4, 2010の投稿を表示しています

盛り上がらない参院選

一向に盛り上がらない参院選。
いよいよ明日が投票日なのだが、どうにも盛り上がらない。
昨日も「どの政党に入れるの?」と聞かれ、「・・・」返答に困ってしまった。
今参院選の政党CM。あまりに滑稽だ。 民○党は、どうみても坂本竜馬の「日本を洗濯する・・」の二番煎じ。自○党のCM「いちばん!!」の谷○総裁のポーズは、20世紀少年のともだち党のポーズみたいである。
政策内容の違いは判りにくく、景気対策に対する明確な答えを出している政党はいない。
景気の底上げは、冷え切った消費マインドの回復にあり、メディアを通じて幾度となく報じられた所謂“負のスパイラル”を止める明確な答えを国民は待っているのではなかろうか。
企業全体の収益が損なわれ、特に中小企業に至っては欠損続きの現状にあって、法人税率の引き下げを掲げても何の意味もない。
政策云々の前に、民○党の上げ足をとって罵倒合戦を繰り広げ、挙句の果ては政治経済に縁もゆかりもない人が比例候補に名を連ねる・・・一体何なんでしょう。
盛り上がらない我が国の参院選をよそ目に世界に目を向けると例のタコが関心を集めている。 人間がタコに頼る。あまりに馬鹿馬鹿しい話しだが、少なくとも参院選よりは盛り上がっている。 こうなりゃ、パウル君に明日の選挙、どの政党が勝利するか占ってもらったら如何なものか・・・・

厳しい中に微かな光が・・・

7月に入ったところで、久しぶりに○○信金の本店に出向き理事と意見交換会。数日前のBlogにも記したが、景況感は益々悪くなっていると感じているため、今回の意見交換会はそこのところが話題の中心でした。
地元における中小企業の業績や動向を知るのには、地元に密着した金融機関である信用金庫にお伺いするのが一番。景気の底は脱しているのか・・・それともまだまだ先は見えないのか・・・。
予想していた通りの答えが返ってきた。 「製造業について言えば、状況は、益々厳しくなる・・・」と。
では、この状況を打開する方法は? 「規模の縮小?別の分野への転換?いっそのこと廃業?・・・」意見はでるも何れも諸要素が絡み合って早急には困難だ。要するに、明確な解決策は浮かばないのが実情。
唯一つ。1時間半の意見交換会の中、ある方向性、解決アプローチについて見解が一致した。 まだ何も言えないが、近く一つのプロジェクトを立ち上げる予定である。
現在、最終準備作業に入っているのであるが、かなり面白いプロジェクトであり、これが、ある意味金融機関の描く方向性と同一なのである。
1時間半。有意義な交換会でした。貴重な時間を割いていただき有難うございます。
近い将来、目指す方向性が多くの企業を助けることができるのならば・・・そう思いながら信用金庫を後にしました。