スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月 7, 2012の投稿を表示しています

山栗しるこ

午後から旬のスイーツを求めて中津川まで足を延ばし・・・・。
中央道中津川インター降りて、中津川方面に国道19号線走り、暫く走ると右手にある、すや西木・甘味処「榧」。
ここの”山栗しるこ”・・・本当に美味いです。

甘味処「榧」


俺たちの勲章・・・

最近、BSチャンネルで昭和のドラマや映画に嵌っている。
今晩は、俺たちの勲章。
松田優作に中村雅俊、坂口良子・・・
ロケ地が伊良湖岬に篠島。地元にだけに昔の風景に感動!
松田優作、やっぱ恰好いい。足がめちゃくちゃ長い。

高校生の頃、大ファンだった坂口良子。久しぶりに当時の映像見てあの頃が懐かしい。坂口良子が前略おふくろ様で板前役を演じたショーケンの恋人役だったことから、自分もショーケンになりきろうと角刈りにしたことを思い出す・・。

10月後半からは、「俺たちの旅」が放映される。
エンディングに流れる詩が素敵だ。


そしてもう一つ・・・「傷だらけの天使」。是非再放送して欲しい・・ショーケンと水谷豊のコンビ、「アニキ~」のフレーズ・・・久しぶりに見てみたい。




当時のドラマには現代ドラマにはない味がある。





根拠のない自信を持つ女性

根拠のない自信を持つことが成功への鍵?って書いたばかりのところに、今晩現れたクライアントの女性社長・・・。
この社長、まさしく「根拠のない自信」の持ち主。
時々、話していると”宇宙人”?と錯覚するほど突拍子もない発言をする。
普通どう考えても・・良い結果が得られる筈のないものを、必ず成就する(上手くいく)と口に出して言い切ってしまう。そして、言い切った目標は達成しきってしまう。
そこに緻密な計画や準備、計算など一切ない
北は北海道から南は九州・沖縄まで仕事で東奔西走。ゆっくり過ごせる時間など持ち合わせていない。傍から見ると危なっかしくて仕方ないのだが、当の本人はいたってマイペース。
一昔前のジャイアンツの長嶋茂雄氏を髣髴させる。いや、同じ匂いがする。

お世辞にも賢い頭脳の持ち主とは言えない(失礼ながら・・・本人を前にしていつも言っている)のだけれど、何かを持っているとお会いしてからずぅーと思っていた。
持っているもの・・・・まさしく、これこそが「根拠のない自信」にほかならない。

「加藤さん、私が業界のトップに立つまで、必ず見ていてね」が口癖。
この社長、間違いなく数年先に、その場所に立っているだろう。

自分も暫く・・・彼女に肖って、根拠ない自信を携えて行動をしてみるとするか・・。
キャラが変わるのは怖い気もするが。



根拠のない自信

重要な局面にぶつかった時、自分自身に過去の経験則からの裏付けがないとそれを乗り越えることができないと考える人がいる。では、どれほど事前に準備し、経験を積んだら自信を持って「大丈夫」と確信が持てるのだろうか・・・。
物事をまじめに考える人ほど、完璧な準備をする。然しながら、完璧な準備をすればするほど同じくらい不安が増長するものだ。突き詰めていくと「これで大丈夫」・・なんていう境地は、いつまでたっても訪れない。何故なら、大抵の人は、ことを始める前に必ずや「失敗したらどうしよう・・」「失敗するかもしれない・・」という不安が先立ってしまうものだから。
成功する人というのは決まって「根拠のない自信」を持っているという。
「根拠のない自信」だから仮にアプローチの手法が間違っていたとしても常にポジティブに次の手を考える。ただ単純に「最後は上手くいくに決まっている」「上手くいかないはずがない」・・・と。
常に自分は”できる”と思って突き進めば、不思議なことに結果がついてくる。
”無理だ”と感じた時点でGAMEOVER。
自分の場合・・ことビジネスの世界においては、ネガティブなことは考えない、あくまでも根拠のない自信を携えて20年近くを歩いてきた。
現在、根拠のない自信が深まりつつあるもの・・・GOLF。
パーオンできるかなぁ?ではなくパーオンできるに決まっている!!と自信持ってクラブを振れば「ナイスオン!!」スコアも安定してきている。
「根拠のない自信」を持つことが仕事もプライベートも鍵となる・・?