スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月 27, 2010の投稿を表示しています

短気は損気?

W杯は、いよいよ大詰め。これからが本当の戦い。だから面白い。
昨晩、優勝候補同士の大一番、ブラジルVSオランダ戦を見た。
解説者も言っていたが、前半を見る限り、”ブラジルの勝利間違いなし”思っていた。
それが後半の早い時間にオウンゴールで同点に追いついた後、一変。 ロッペンとスナイデルの二人に王者ブラジルがてんてこ舞い。 なにせこの二人の体の切れ・・最高。 ブラジルのロビーニョのドリブルも流石だが、ロッペンのドリブルは芸術的で美しくかつ力強い。
この二人のタレント要するオランダを日本代表チームが1点に抑えたかと思うとあらためて今回の代表チームの凄さを感した。
後半23分。勢いのままロッペンの右CKからスナイデルが押し込んで逆転。 逆転された後のブラジルチーム・・画面から映る姿はどの選手も落ち着きがない。
ゲームを通して荒れ模様の展開の中、ブラジルチームの悪態が映し出される。審判には文句言うは、危険なタックルはするわ・・・そして後半28分。フェリペメロがとうとうやらかした。
同点となった1点目が自らのオウンゴールであったことで”かんしゃく”起こしていたのか、ロッペンを踏んづけた。リプレイでその瞬間が見事に映し出されていた。
子供の頃よく「短気は損気」と両親から言われたことを思い出した。
か~っとなって踏つけてしまったのでしょうが、大きな代償「一発レッドカード」。 どんなスポーツにも言えることだが、冷静さを保つことは肝心。(当然私生活にも言える・・)
結局、王者ブラジルは、戦前の予想とは裏腹に南アを去ることになった。
「短気は損気」なのだ。
P.S 今晩のアルゼンチンVSドイツ。試合前から両チーム、少しヒートアップしている。 ・・・アルゼンチンを応援するが、両チームとも冷静に戦ってもらいたい。

安らかに。

W杯でNIPPONチームが敗れた朝、数年前に日本で一世風靡した韓国ドラマ「冬のソナタ」で好演した韓国の俳優”ハク・ヨンハ”氏の訃報が伝えられた。

ここ2日ほど、朝のワイドショーでも時間を割いて取り上げられている。
以前Blogにも記したが、このドラマは2002年日韓W杯の前年の冬に韓国で配信されたものであるが、当時韓国語を学習していた自分にとって、言語で視聴した初めてのドラマであったので思い出深い。
そして、このドラマがその後、NHK・BSで日本で配信がされるや否や空前の韓流ブームを巻き起こしたことは今更言うまでもない。
今回、「彼が何故死を選んだのか。その理由は・・・」等のマスコミ報道には興味がないが、唯一驚きと感動を覚えたのは、現地まで出向いて弔問する日本人ファンや東京のとある場所に設置された弔問所に多くの日本人が訪れているという光景が映し出された時だ。
海外のエンタテイメントの死で嘗てこのような光景は見たことがない。 ドラマの放映が終了してから6年。その後、最近まで日本で音楽活動をし、人気を博していたことは知りませんでしたが、映し出された画から、彼の魅力をあらためて窺い知ることができました。
想えば、私は1998年に初めて渡韓したのですが、この頃はソウル市内で日本人の女性観光客など殆ど見かけることはありませんでした。 あれから12年が経ち、最近では、「男性観光客<女性観光客!?」。女性の観光客が本当に多くなりました。 このような状況に変化したのも、間違いなく起点は「冬のソナタ」。
日本人弔問客の様子は韓国のTVでも映し出されていると聞きます。 きっと韓国の人々の心を打つことでしょう。 近くて遠い国と言われた両国が近くて本当に近い国となりつつある現在、彼の功績は、主役のペ・ヨンジュン、チェ・ジウと同等、いや同等以上に「冬のソナタ」とともに語り継がれるであろう。
安らかに。

今日から7月

W杯で大騒ぎした6月も終わり、今日から7月。
1年の半分が過ぎたことになる。
今日から、私も本格的仕事モード突入です。
さて、W杯の話題に隠れ気味ではありましたが、来る7/11は参院選挙。
消費税増税を中心に議論されています。我が国の財政を考えた場合、消費税増税は避けて通れないScheme。
そんな中、今日付けで国税庁から発表された2010年路線価には、驚いた。
2年連続の下落でマイナス8.0%。 景気判断の指標の一つと言われる土地需要。その低調ぶりがそのまま路線価に表れた格好である。
W杯のお祭り騒ぎをよそ目に、中小企業においては、益々業況悪化の様相を呈している。 リーマンショック、トヨタショックからまもなく2年が経とうとしているが、回復の兆しは見られない。 中小企業はいよいよ正念場を迎えていると言っても過言ではない。
今年に入って報道されたギリシャショックの影響が、ここにきて株価に表れてきている。 下落が止まらない。今日も日経平均株価は年初来最安値を付けている。
我が国の政府は、リーマンショック以降、中小企業に対して様々な金融支援策を行ってきたが、国家の企業支援が国家そのものの財政破綻を招いた一例(ギリシャショック)は、今後の我が国における中小企業支援策にも影響を及ぼしかねない。非常に心配である。
消費税増税論議も重要ではあるが、どうしたら景気を回復させることができるのか、どう対策を練ったら良いのかは、それ以上に急務である。
政党論戦の前に先のW杯日本代表チームの如く、一度位、すべての政党(国会議員)が団結し、「景気回復・景気対策」という一つの目標に向かって戦ってくれたなら、日本の将来は盤石でしょう。
そうは思いませんか。「管直人」監督!!
政治の世界も日本国としてのチームワークを期待して止みません。

4年後にまた逢いましょう。

夢を見させていただきました。
閉塞感の漂う昨今、これほどまでに熱くなれることは、そうそうありません。
腹の底から大声を出して叫ぶ・・・こんなことも普段ないでしょう。
今回は初めて、W杯日本戦全試合を岡崎市のスポーツバーに出向いて観戦しました。
カメルーン戦からパラグアイ戦まで4試合皆勤賞。
流石に全試合出没したお陰で、顔見知りも増えました。
昨晩は残念な結果に終わってしまいましたが、選手たちの光景が店内のモニター映し出された時、皆んな”うるうる”・・していたのが印象的でした。
この4試合、とっても楽しい時間を過ごすことができました。若者に交じって、”オジサン”は相当浮いていたのかもしれませんが、貴重な体験をさせていただきました。 みなさんのお陰で自分は少々若返った気もします・・・。(気のせいか??)
最後に着ていたユニフォームにサインいただきました。ただ、書いていただいたサイン、名前と顔がさっぱり思い出せません・・・が、2010年W杯の良い記念になりました。ありがと。 4年後にまた逢いましょう。 P.S 店内で、みんなで肩を組み、「君が代」を歌いました。(今回のW杯。この店で4回目の君が代斉唱。皆で「君が代」を斉唱するのは・・・高校の卒業式以来?30年ぶり?。)

声が出るようになった・・・ということは・・

先日のデンマーク戦の応援で潰れた喉が、ここにきて元に戻ってきた。
ということは、矢張り今日も出向かねば・・・・。
ということで、早速予約も入れちゃいました。
50歳目前のおじさんは今日も張り切って応援しちゃいます。若者に交じって”お~ニッポン、ニィ~ポン、ニィ~ポン、ニィ~ポン・・チャンチャンチャンチャン・・・”
なんていったって、4年に一度のことだから。 今日もデンマーク戦同様3-1あたりで勝っちゃっいましょう!!
今日の試合は23時から。準々決勝からは27時からとなります。 その準々決勝は今度の土曜の夜(日曜の朝)。正直、スペインVSポルトガルの勝者との真剣勝負が見てみたい!!
もう少しだけ、あともう少しだけワールドカップを、日本代表を楽しみたい・・・。
P.S ジャパンブルーのブブセラを手に入れました。今日はおじさんブブセラ隊で応援します。

3Dと2Dの違い

サッカー観戦している時、「お~右サイドフリーじゃん。逆サイドだよ!! 何やってるんだ!!」などと、ついつい言葉が出ちゃいませんか?
若い頃サッカーを嗜んだことがある人は、その一見簡単に見えるプレイが、そう容易くないことを知っています。
我々が目にするプレイ。テレビで見るのもスタジアムで見るのも、何れも3D。グランドより高い位置からの観戦なのです。
グランドに立っている選手は、2D。基本的には、平面視界から味方との距離感を察知し、パスを出す。
アルゼンチンのメッシ選手は、横にも後ろにも目が付いている・・なんて言われたりするが、2Dの世界で3D的なプレイが出来る選手が、要するに一流プレイヤーであり、それでも完璧ではない。

昨晩行われたW杯決勝トーナメント2試合。そこで生じた大きな判断ミスが勝負の別れ道となった。
イングランドVSドイツの試合をリアルタイムで見ていた時、事は起こった。
観戦者は、リプレイを見るまでもなく、ゴールであることは判っていた。
なのに何故、審判はミスしてしまったのか。プレイヤー同様に審判もグランドに身を置く。この立ち位置(2D)が原因なのだ。上空や斜め上から見れば簡単に判断できることが、グランドの立ち位置・平面視界では、判りにくい。審判も人間である。普通の人より動体視力が優れているとはいえ、一瞬の事象に錯覚が生じることは当然にある。
アルゼンチンVSメキシコの試合でも審判のオフサイド判定がなかったことが話題になっているが、こちらも同様だ。

サッカーにとっての1点は、他のスポーツと比べて非常に重い。
だからこそ、少なくともゴールに関わるプレイの中で、怪しいものについてはリプレイ導入(ビデオ判定)がされるべきなのかもしれません。
W杯という大舞台。決勝までのゲームで2度と起こらないことを祈りたい。