スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月 3, 2010の投稿を表示しています

師匠は一人が原則。

先週の土曜日。以前Blogでも紹介したことのあるT税理士と、あるゴルフスクールの”お試しレッスン”に参加した。
先日のスコアではないけれど、かなりの上達を実現していた?自分は、更なる飛躍を目指しての参加だった。
参加して直ぐに、アドレスと構えの指摘を受けた。
そしてボールをもう少し遠くに置くように指導された。
漸く自分のスタイルでボールを捉えることができるようになったのに、この指導で、またも闇の世界に入ってしまった。
全くボールに当たらなくなってしまった。
レッスンを終えた後、T税理士と二人で2時間近く打ち続けたが、さっぱり×。

一昨日の火曜日の夕方。定例となった個人レッスンを恩人N氏にしていただいた。
5球ほど打った時、「どうしたの?何かあった?」と訊ねられ、「1週間前の時と随分違うけど。」と言われた。それほど、ひどかったのだ。
正直に、先週の土曜日のレッスンのことを話すことにした。
すると、納得するかのように頷き、「何故、1週間前のように打てなくなったのか・・・」を解るように説いてくださいました。

自分に合ったスタイルから導いてくれるN氏。
やはり、師匠は一人が原則だ。

携帯電話を持たない時間。

何処を見渡しても今では皆、肌身離さず、それを手にしている・・携帯電話。
一昨日の電車での移動時。メールでもしてるのだろうか・・・かなりの人が車内で携帯電話に向かって手を動かしていた。 自分は、携帯電話でのメールのやり取りは、得意ではない。 特に、ここ数年は老眼が進んだせいで、携帯電話に届いたメールを見るのも四苦八苦。
だからこそ、返信を求めるメールなど届いた時は、「了解。では、今度・・」とか「では、また。」を最後に付けて、極力、再度返信メールが来ないように気を使う。・・が、それでもヤハリ、来る時は来るのである。
「では、また。」で送った後に、「ところで・・」と返信メール。
こうなると、次の話題に対する返信をしなければならない。
返信文の最後に「では、また。」と再度、加筆して送り返す。
すると今度は、「そう言えば、言い忘れていたけれど・・・」な~んて返ってきたりする。
こうなると、面倒くさい。
どこで終るのか?電源を切らない限り、延々と続きそうだ。

昨日、午後からのクライアント訪問の途中、携帯電話を事務所に置いてきたことに気が付いた。
以前は、事務所に取りに帰ることが多かったが、最近では「まあ、いいか。」で済ますようにしている。
事務所に戻ると何件か電話の着信履歴が入っていた。 やはり以前なら掛けなおすようにしていたが、最近は「急用なら事務所に電話が入っているはず。そんな様子でもないから、多分急用じゃないだろう。まぁ、そのうちまた電話があるだろう・・・・」と思うようになった。
考えてみれば、その昔・・・携帯電話のない時代は、正にそうだったのダ・カ・ラ。
このところ、土日や祝日、平日でも7時以降は携帯電話の電源を切るようにしている。
こうすることによって、何か安らぎを感じるようになったことは確かだ。
携帯電話を持たない時間を作るのも結構いいと思いますよ・・・・。

10月に入り

昨晩、名古屋での会合を終え23時過ぎに事務所に戻った。
早速、特急仕事2件を処理。午前0時を少し回るころにそれらを終えた。
その時、自分はある間違いに漸く気づいた。

昨日午後からのクライアントとの打合せの中、クライアントが幾度となく”何か腑に落ちない”仕草を見せる場面があった。1人だけでなく3人も・・・・。
その理由の解らぬままに、1日のスケジュールを終えて事務所に戻った。
実は、「今日は10/6だ。」と朝から思い込んでいた。
朝一番に、今月10日にe-taxで送信する予定のある書面を作成した時、作成日を入力する際に、確かに机の右の壁面にあるカレンダーを見た。
月曜日だから・・・今日は6日だ。と何も迷うことなく作成日を入力。
一日中、今日は10月6日と思いこんでいたから、クライアントにも「今日は10/6だから・・・」と幾度となく口に出した。腑に落ちない仕草を見せていたのも当然だ。
間違いは・・そう。9月のカレンダーがそのままにしてあったのが原因だ。
9/6は確かに月曜日。
こんな間違い。過去には経験ないことだが、思い込みっていうのは怖いものである。
老化現象か???あ~情けない。
少し、気を引き締めて生活しなければ・・・・・・・。カレンダーを、10月に変えた。