スキップしてメイン コンテンツに移動

i_phoneの便利な機能・・

相続税の申告依頼を受けると、被相続人の方が不動産(土地・建物等)をお持ちであった場合には、まず初めに不動産の「財産評価」から着手します。
そして、その不動産の的確な財産評価をするために、相続人の方に同行していただいて、必ず現地に向かいます。
その際、携行するのは「住宅地図」「登記簿謄本」「公図」「固定資産評価証明書」「巻尺」・・・そして”カメラ”。
”カメラ”?そうです。これがとても重要なのです。
「登記簿謄本」や「住宅地図」「公図」は、不動産に関する情報を二次元で表現しています。ある程度の形状等は掴むことができますが、そこに表現されていない土地等の瑕疵を見つけることはできません。例えば、側面が崖地だったり、傾斜地だったり、登記上の地目と現況が違っていたり・・・。だからこそ、実際に現地に足を運び、自分の目で確認し、そして記憶に留めるために”カメラ”を用いて画像に残すのです。
”カメラ"で撮った画像は、「財産評価明細書」に添付することで、言葉で記すより具体的に瑕疵等の状況を税務職員に伝えやすくします。

と、ここまでは私と同じ仕事に携わる方にとっては普段「当たり前」に行っていることで、ブログにあらためて書くようなことではないのですが、実は、カメラで撮った画像を机上で整理する時が結構面倒くさいのです。
というのも、画像が「ここは、○○丁目××番地です。」なんて言ってくれるわけではありません。机上で画像を整理しながら「あれっ?ここはどこの土地だったかな?」なんてことがしばしば起きてしまいます。
気の利いた建物が映っていたり、良く通り知っている場所なら問題ないのですが、田や畑、山林など特徴のない似通った風景の場合には、「確か、ここだったよなぁ?」・・・・・・正直悩んでしまいます。
(最近では、この悩みを解消すべく、番号を書いた紙を準備し、現地で同行していただく相続人にその紙を持っていただき、画像に残すという手段も採ったりしていましたが・・。)

さて、ここからが、本題。

7月にi phoneを購入し、便利な機能の一部をblogで紹介しましたが、・・・・・・・・今日は、価格は忘れましたがituneからダウンロードしたある有料ソフトの話。
このソフト、写真を撮ると、横に地図(現在地)が添付されます。この機能を普通のカメラと併用するようになってから、本当に便利になりました。若干、場所によってはGPSに不具合が見られることもありますが許容範囲。画像を見て「ここはどこ?」と、以前のように悩むことは、なくなりました。

この機能、仕事のみならず、旅行に出た時も便利です。旅に出てある風景を映す。するとその場所の地図が添付される。あとで見たとき、その地図でその旅の記憶が蘇る・・・。

実は、先日の台湾旅行の宿泊先で、「海外だからこの機能は無理だよな・・?」と思いながら、使ってみたら、「あれまあ。台湾の地図が、それもあってるじゃないですか。」・・・びっくりいたしました。

(注)添付した画像がその時のものです。

i phone。まだまだ自分の知らない便利な機能がありそうです・・研究してみよう。

このブログの人気の投稿

扶養控除是正通知

毎年この時期になると前年の所得に対する「扶養控除等是正通知書」が税務署から発送されます。今年も数件のクライアントに届きました。
年末調整を行う際、会社は従業員から提出された”扶養控除等申告書”に基づいて扶養控除の額を計算します。 扶養控除等申告書には、従業員各人が「どなたを扶養しているか」を記載するものであり、一般的には「父母」「配偶者」「子供」が対象となります。
但し、対象となる者が基礎控除(38万円)を超える所得を取得している場合には、被扶養者からは除かれます。
このことは、世間一般、どなたもご存じだと思います。 「旦那の扶養に入りたいから、パート収入を103万円までに抑えてます。」・・・よく聞く話です。
それでは、何故「扶養控除等の是正」が発生するのでしょうか?
ここ数年来の傾向を纏めると、大きく次の4つに原因がありました。
一つ目は、「103万円を超える給与収入があったけれど、そんなに多くないからバレることはないだろうと思っていた・・・・。」 残念なことに、世の中そんなに甘くない。被扶養者が仮にパートやアルバイトであっても、その勤めている会社が、税務署や市町村に源泉徴収票を提出することで判ってしまうのです。
二つ目は、「そんなに稼いでいたとは、知らなかった・・・。」 言っている意味が良く分からないかも知れませんが、要するにコミュニケーション不足。 「息子とは日頃会話する機会が乏しく、アルバイトをしていることは知っていたが、そんなに稼いでいるとは・・・。」がよくある例。扶養義務者の思い込みに因るものと言えます。
三つ目は、二重扶養。例えば、母を自分の扶養に入れていたが、実は父の扶養にも入っていたというような場合。こちらも、二つ目同様にコミュニケーション不足から生じることが多いようです。
最後は、”103万円のマジック”。 あくまでも扶養に入れることが出来るのは、被扶養者の年間の所得金額が基礎控除(38万円)以下であることが条件。 パート収入やアルバイト収入は「給与所得」に分類されます。「給与所得」には、「給与所得控除」が認められていて、この給与所得控除後の金額が所得金額となります。 被扶養者が103万円のパート収入の場合、給与所得控除額は65万円ですから、103-65=38万円が所得金額となり、基礎控除(38万円)以下だから、扶養に入れることができるのです。
ところが、給与所得以外の所得に10…

俺たちの勲章・・・

最近、BSチャンネルで昭和のドラマや映画に嵌っている。
今晩は、俺たちの勲章。
松田優作に中村雅俊、坂口良子・・・
ロケ地が伊良湖岬に篠島。地元にだけに昔の風景に感動!
松田優作、やっぱ恰好いい。足がめちゃくちゃ長い。

高校生の頃、大ファンだった坂口良子。久しぶりに当時の映像見てあの頃が懐かしい。坂口良子が前略おふくろ様で板前役を演じたショーケンの恋人役だったことから、自分もショーケンになりきろうと角刈りにしたことを思い出す・・。

10月後半からは、「俺たちの旅」が放映される。
エンディングに流れる詩が素敵だ。


そしてもう一つ・・・「傷だらけの天使」。是非再放送して欲しい・・ショーケンと水谷豊のコンビ、「アニキ~」のフレーズ・・・久しぶりに見てみたい。




当時のドラマには現代ドラマにはない味がある。





前略おふくろ様

現在CSで放送されている【前略おふくろ様】…自分が15.16の時だから36.7年前のもの。



自分にとって本当に思い出深い
ドラマ。
坂口良子さんが大好きで、ドラマで恋人役のショーケンになりきろうと髪型を角刈りにしたことを思い出す。


36年前のドラマだけど今あらためて見ても感動します。
味のある俳優さんが沢山出ています。中でも川谷拓三


さんのキャラクターは最高。


坂口良子さん、本当に可愛いかったんですよ…。
毎日の放映を録画して、寝る前に見るのが日課。



-- HIROSHI. KATO👍